2011年3月11日から4年がたちました。
今も動物たちの震災は終わっていません。
彼らのことを忘れずに、助ける道を探し続けましょう。

koushi.jpg
【首相官邸/野田総理大臣】
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
TEL.03-3581-0101

【内閣府政策統括官(防災担当)】
TEL:03-5253-2111(大代表)

【環境省】
https://www.env.go.jp/moemail/
動物愛護管理室 TEL:03-3581-3351(内線6429)
FAX:03-3508-9278

【農林水産省】
https://www.contact.maff.go.jp/voice/sogo.html
経営局経営政策課災害総合対策室 TEL:03-3502-6442 FAX:03-3592-7697

【福島県庁 】※被災地だということにご配慮ください
chijikoushitsu@pref.fukushima.jp TEL.024-521-1111(代表)


2011年12月02日

環境省の本気度

環境省が
「平成23年度福島県警戒区域における被災ペット保護活動方針検討業務」を一般競争入札にすると公告しました。

【入札広告】
http://www.env.go.jp/kanbo/chotatsu/021003918.html

【契約書】
http://www.env.go.jp/kanbo/chotatsu/pdf/20111215/021003918b.pdf

1.業務の目的
 環境省及び福島県は、他の自治体職員や獣医師等の協力を得ながら、5月10日以降、住民の一時立入りに伴い警戒区域内に取り残された犬猫の保護活動を行い、一時立入りが一巡した9 月以降は、飼い主からの保護依頼情報等を基に、放浪犬猫の保護活動を行っている。警戒区域内の犬及び猫は長期間放浪していることから警戒心が強くなり、容易に保護できない状況となっているが、来春の繁殖期を迎える前に、一斉保護が必要となっている。
 
 本業務では、
警戒区域内の放浪犬及び猫の生息個体数を推定し、
今後の保護活動方針を検討することを目的として、
警戒区域内の放浪犬猫の生息状況調査を行う
ものである。
(契約書より抜粋)

一斉保護の検討のためのものですが、やっと本気で取り組む姿勢が見えたということでしょうか?

繁殖してしまわないようにという理由も情けないですが、1頭でも多く保護されればそれに越したことはない。
実際、人のいないところで増えても不幸が増えるだけです。

数えてみたものの、あまりの数の多さにくじけないように願いたいものです。


【入札説明書】
http://www.env.go.jp/kanbo/chotatsu/pdf/20111215/021003918a.pdf
動物を助けたい!という気持ちのある業者さんにお願いしたいですね。

posted by JAVAスタッフ at 15:12| 日記