2011年3月11日から4年がたちました。
今も動物たちの震災は終わっていません。
彼らのことを忘れずに、助ける道を探し続けましょう。

koushi.jpg
【首相官邸/野田総理大臣】
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
TEL.03-3581-0101

【内閣府政策統括官(防災担当)】
TEL:03-5253-2111(大代表)

【環境省】
https://www.env.go.jp/moemail/
動物愛護管理室 TEL:03-3581-3351(内線6429)
FAX:03-3508-9278

【農林水産省】
https://www.contact.maff.go.jp/voice/sogo.html
経営局経営政策課災害総合対策室 TEL:03-3502-6442 FAX:03-3592-7697

【福島県庁 】※被災地だということにご配慮ください
chijikoushitsu@pref.fukushima.jp TEL.024-521-1111(代表)


2013年06月24日

南相馬市のペットショップ

映画「犬と猫と人間と2−動物たちの大震災」の最後の方に、とても悲しい話がありました。
被災者の方が新しく犬や猫といった動物を家族を迎えたものの、飼いきれずに手放す、という話です。

これは、動物たちに起きている二次災害ではないでしょうか?

実は、春に南相馬を訪れた時に立ち寄った大きなショッピングモール(南相馬ジャスモール)の「イオンスーパーセンター南相馬」で、ペットショップに気づきました。

流行のブランド犬が生体販売されていました。
お好みの犬種を、お取り寄せできると、お知らせされていました。

複雑な、そして正直とてもとても悲しい気持ちになりました。

ここは、福島原発から25キロ程のところに位置しています。
震災直後は、このショッピングモールの広い敷地にも放浪する動物がいたのではないかとも想像できます。
間違いないのは、すぐ近くで死んでいった犬や猫がたくさんいたことです。


Aeon_Supercenter_Minamisouma.jpg


確かに、被災した方々は生活が落ち着きません。
10回も住まいを変えざるを得ない方々もいると聞きます。

そして、心の痛手や喪失感は、私たちが想像もできないことだと思います。
やすらぎをくれる動物に癒しを求めるのも、気持ちはわかります。

でも、ぜひお願いしたいです。
どんな時でも、動物を飼う以上は、その動物の面倒は一生みるのだということ。

彼らは一緒にいれば、どんなにつらい時も寄り添っていてくれる存在なのですから。


posted by JAVAスタッフ at 11:33| 福島現地

2013年06月20日

映画「犬と猫と人間と2」を観てきました

この映画は、人間に翻弄される犬猫を描いた2009年公開の「犬と猫と人間と」に続く、動物と人間のドキュメンタリー作品です。
今回の「2」では、2011年3月11日に起きた東日本大震災によって、過酷な運命を強いられた動物たちと、飼い主や助けようとする人々を描いています。

6月1日東京・渋谷のユーロスペースを皮切りに、劇場上映が始まり、私もようやく観てまいりました。
ぜひたくさんの方にご覧になっていただきたい映画ですので、ご紹介させていただきます。

inunekoningen2ticket.jpg


東日本大震災が起きたのは、2011年3月11日のことでした。
現在2年と3ヶ月が経ち、被災した動物に関する情報もかなり減っています。

震災当時は、とてもたくさんの人が動物たちのことを心配して、助けに行ったり、物資を送ったり、寄付をしたり、政府に救出を求めました。

「決して忘れない」

そう思ってはいても、自分を含め被災地のことを考える時間も減っているように思います。

被災動物や彼らを助けている人々の苦しみはまだまだ終わっていない、そしてまた新たな問題も起きていることを、この映画は伝えています。
2年以上たった今、この映画が上映されることの価値がここにあると思います。

いくつかのエピソードを追いかけ、誰を批判することもなく、製作側の気持ちはできる限り排除しようとしている、真摯な姿勢が感じられます。
「犬と猫と人間と」と同様に、監督のナレーションが共感を生む大切な要素となっています。

そして、前作同様、人間に翻弄される動物たちの姿があぶりだされ、家庭動物も畜産動物も、しょせん、人が利用するための存在なのだろうか?と問われているように思いました。

映画には、写真とはまた違う、動く画像のパワーと、レンズを通した冷静さがあります。
被災動物の現状をあまり知らない方のみならず、動物たちのために何らかの行動を起こした方、今も現地に行っている方にも、ぜひぜひ見ていただきたい映画です。
ひとりでも多くの方にご覧いただきたいので、ご家族やお友達も誘って観にいってくださいね!

◎こんなところに注目です!

「動物を助けたい」という思いで活動する、個人ボランティアの方々の頑張り
震災後に出会った猫への餌やりから、その猫を家族とし、責任を持つまでになる被災者の方の変化
飼い主から虐待されていたと思われる犬の幸福度
被災した不安や淋しさから犬猫との暮らしを求めたのに、新たに起きている飼育放棄
その犬の衰弱した姿が2年近くの放浪生活を物語る
人の世話を受けつつも行く末はわからない牛たち。日々死んでいく命と生まれる命


banner_inuneko2.jpg
「犬と猫と人間と2−動物たちの大震災」公式サイト
http://www.inunekoningen2.com/
劇場公開スケジュール

【公開中】
■東京都渋谷 ユーロスペース
7月5日(金)までの上映が決定!
11:50/14:00/16:40/18:50
03-3461-0211
※6/21(金)・6/22(土)の16:40と18:50の回休映

【公開予定】
■神奈川県 ジャック&ベティ 045-243-9800 6月22日(土)〜  初日挨拶
■栃木県 フォーラム那須塩原 0287-60-7227 6月22日(土)〜 23日挨拶
■新潟県 シネウインド 025-243-5530 6月29日(土)〜 初日挨拶
■愛知県 名古屋シネマテーク 052-733-3959 6月29日(土)〜 初日挨拶
■大阪府 第七藝術劇場 06-6302-2073 7月13日(土)〜 初日挨拶
■宮城県 フォーラム仙台 022-728-7866 7月20日(土)〜 初日挨拶
■山形県 フォーラム山形 023-632-3220 7月20日(土)〜 初日挨拶
■青森県 フォーラム八戸 0178-71-155 7月20日(土)〜 21日挨拶
■岡山県 シネマクレール丸の内 086-231-0019 7月20日(土)〜
■兵庫県 神戸AVC 078-512-5500 7月20日(土)
■広島県 横川シネマ 082-231-1001 8月 3日(土)
■京都府 京都みなみ会館 075-661-3993 8月 3日(土)
■福岡県 KBCシネマ 092-751-4268 夏
■福島県 フォーラム福島 024-533-1515 9月予定
■北海道 シアターキノ 011-231-9355 順次

※他、先行上映やイベントなどもあり。先行最新情報は公式サイトにてご確認ください。
posted by JAVAスタッフ at 17:00| 日記

2013年06月10日

福島・三春シェルターへ

2013miharu-dog.jpg2013miharu-cat.jpg

少し前のことになりますが、今年になって初めて三春シェルターに行ってきました。
飯野の第一シェルターは、今年2月に閉鎖され、現在はここ三春に犬約50頭、猫約180頭が保護されています。

昨年と大きく変わったのは、犬と猫の保護数の多さが逆転していたことと、広いスペースで猫が自由に過ごせる猫サロンが出来ていたことでした。
この猫サロンは、猫にとっても、新しい家族を探しに来る人々にとっても、良い環境となっています。

2年に亘るスタッフの方々の頑張りにより、日々改善されているのです。

IMGP4890.JPG

ホームページも新しくなり、里親探しをしている犬猫たちの紹介も上手に掲載されています。
新しく犬や猫を家族に迎えようと考えている方々は、ぜひ三春シェルターからの譲渡をご検討ください。
ボランティアも募集しています。

2013miharushelter.jpg



【福島県動物救護本部】
http://www.pref.fukushima.jp/eisei/saigai/kyuugoindex.htm

里親募集中! 新しい家族になってくださる方へ
 ●犬の紹介ページ
 ●猫の紹介ページ



2013miharu-snake.jpg

この辺は、ヘビが出ますので犬の散歩は要注意です。


posted by JAVAスタッフ at 10:00| 福島現地