2011年3月11日から4年がたちました。
今も動物たちの震災は終わっていません。
彼らのことを忘れずに、助ける道を探し続けましょう。

koushi.jpg
【首相官邸/野田総理大臣】
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
TEL.03-3581-0101

【内閣府政策統括官(防災担当)】
TEL:03-5253-2111(大代表)

【環境省】
https://www.env.go.jp/moemail/
動物愛護管理室 TEL:03-3581-3351(内線6429)
FAX:03-3508-9278

【農林水産省】
https://www.contact.maff.go.jp/voice/sogo.html
経営局経営政策課災害総合対策室 TEL:03-3502-6442 FAX:03-3592-7697

【福島県庁 】※被災地だということにご配慮ください
chijikoushitsu@pref.fukushima.jp TEL.024-521-1111(代表)


2013年06月24日

南相馬市のペットショップ

映画「犬と猫と人間と2−動物たちの大震災」の最後の方に、とても悲しい話がありました。
被災者の方が新しく犬や猫といった動物を家族を迎えたものの、飼いきれずに手放す、という話です。

これは、動物たちに起きている二次災害ではないでしょうか?

実は、春に南相馬を訪れた時に立ち寄った大きなショッピングモール(南相馬ジャスモール)の「イオンスーパーセンター南相馬」で、ペットショップに気づきました。

流行のブランド犬が生体販売されていました。
お好みの犬種を、お取り寄せできると、お知らせされていました。

複雑な、そして正直とてもとても悲しい気持ちになりました。

ここは、福島原発から25キロ程のところに位置しています。
震災直後は、このショッピングモールの広い敷地にも放浪する動物がいたのではないかとも想像できます。
間違いないのは、すぐ近くで死んでいった犬や猫がたくさんいたことです。


Aeon_Supercenter_Minamisouma.jpg


確かに、被災した方々は生活が落ち着きません。
10回も住まいを変えざるを得ない方々もいると聞きます。

そして、心の痛手や喪失感は、私たちが想像もできないことだと思います。
やすらぎをくれる動物に癒しを求めるのも、気持ちはわかります。

でも、ぜひお願いしたいです。
どんな時でも、動物を飼う以上は、その動物の面倒は一生みるのだということ。

彼らは一緒にいれば、どんなにつらい時も寄り添っていてくれる存在なのですから。


posted by JAVAスタッフ at 11:33| 福島現地