2011年3月11日から4年がたちました。
今も動物たちの震災は終わっていません。
彼らのことを忘れずに、助ける道を探し続けましょう。

koushi.jpg
【首相官邸/野田総理大臣】
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
TEL.03-3581-0101

【内閣府政策統括官(防災担当)】
TEL:03-5253-2111(大代表)

【環境省】
https://www.env.go.jp/moemail/
動物愛護管理室 TEL:03-3581-3351(内線6429)
FAX:03-3508-9278

【農林水産省】
https://www.contact.maff.go.jp/voice/sogo.html
経営局経営政策課災害総合対策室 TEL:03-3502-6442 FAX:03-3592-7697

【福島県庁 】※被災地だということにご配慮ください
chijikoushitsu@pref.fukushima.jp TEL.024-521-1111(代表)


2013年08月27日

国際シンポジウム

8月24日と25日に開催されたシンポジウムを聴講してきました。

【東日本大震災が動物に及ぼした影響に関する国際シンポジウム】 
主催: Humane Society International/動物との共生を考える連絡会

1日目には、福島原発事故が家庭動物、産業動物、野生動物等に及ぼした影響について、改めて報告がされました。

2日目は、被災された飼い主のアンケート報告や災害時の家庭動物の福祉について、さらに災害と動物に関する国際動向の発表が行われました。

これまであまり話題にならなかった、学校に取り残され死んでいった動物の報告もあり、学校での飼育自体の問題も浮き彫りになりました。
posted by JAVAスタッフ at 00:00| 日記