2011年3月11日から4年がたちました。
今も動物たちの震災は終わっていません。
彼らのことを忘れずに、助ける道を探し続けましょう。

koushi.jpg
【首相官邸/野田総理大臣】
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
TEL.03-3581-0101

【内閣府政策統括官(防災担当)】
TEL:03-5253-2111(大代表)

【環境省】
https://www.env.go.jp/moemail/
動物愛護管理室 TEL:03-3581-3351(内線6429)
FAX:03-3508-9278

【農林水産省】
https://www.contact.maff.go.jp/voice/sogo.html
経営局経営政策課災害総合対策室 TEL:03-3502-6442 FAX:03-3592-7697

【福島県庁 】※被災地だということにご配慮ください
chijikoushitsu@pref.fukushima.jp TEL.024-521-1111(代表)


2011年11月16日

南相馬市・桜井市長にペット救護を要望しました

私たちは、これまで犬や猫といった家庭動物の救護救出について、何度も国や国会議員に依頼を行ってきました。
しかし、動きの鈍さは皆さんご存知の通りです。
被災地ではなく、国の機関が中心となって活動すべきだと思いますが、震災から8ヶ月経った今、一番動いてくれるのは被災した自治体だとの認識のもと、警戒区域に入っている市町村への要望を行うこととしました。

特に南相馬市は市長の強いリーダーシップがあり、国や県に頼らなくても独自の決断を行ってもらえると期待したため、一番に訪問させていただきました。
また、飼い猫が多い地域でもあると思ったからです。

11月14日に、南相馬市役所を訪れ桜井市長と面談のうえ、以下の要請書をお渡ししました。



<福島原発警戒区域に残るペットの救護を求める要請書>

南相馬市長  桜井勝延殿

【要請事項】

1.福島第一原発20キロ圏内の警戒区域に残されながら、今も必死に生きている犬や猫などのペットを、至急救出、
またはその場で生かす手立てを講じてください。

2.効率的な保護活動が行なえるように、動物保護団体や個人に、一定の条件のもとに立ち入り許可を与えてください。


3月11日の大地震から8ヶ月が経ちましたが、警戒区域の解除については、まだ目処が立っておりません。事故当初、数日で帰れると言われ何も持たずに避難された方々は、愛するペットを置いてこざるを得ない状況でした。被災した飼い主たちにとっては、ペットは心の拠り所となる大切な家族です。

そのようにかけがえのないペットの多くが、無人地帯に取り残され、水も餌もなく、著しく衰弱した挙句、苦しんで餓死していきました。未曾有の災害と言えども、先進国である日本において、必死に生き延びてきた動物たちをこれ以上餓死させるようなことは、決してあってはならないことです。
環境省と福島県による救出活動も続けられてはおりますが、残念ながら全く不十分と言わざるを得ません。雪が降る前に出来る限り多くのペットたちを保護しなければ、終には全滅となってしまうことでしょう。

震災直後から、民間の動物保護団体や個人ボランティアが、手弁当で救出・保護を行っています。そういった団体等には、南相馬市民の方々から、自分のペットを保護して欲しいとの要請が相次いでいると聞きます。被災者の方を救うという意味からも、ペットの全頭救出を目指す保護を行なってくださいますよう、冒頭の要請事項を強く求めます。

住民と一番寄り添うのは市町村です。桜井市長のご英断に心から期待申し上げます。

以上

sakurai-shichyou.JPG


【要請1】については、これまでも出来る限りのことは行ってきたし、これからも出来る限りのことはしていくつもりとのことでした。

【要請2】については、住民も入れない今、他の人を入れるようにするのは難しいとのこと。
南相馬市が一番求めたいのは、線量の低い地域の警戒解除だそうです。そうなれば人が入れて、その地域のペット問題も解消出来るとおっしゃっていました。

住民の方から動物の保護要請もあることや、動物保護のために出入りする者を特定した方が、防犯上も良いのでは、ということもお話しましたが、立ち入りについては認めてはいただけませんでした。

そこで、「飼い主の方が立ち入りした時に必ずしも保護できないこともあると思いますので、手伝いということでせめて一時帰宅の際の同行はどうでしょうか?」と伺ったところ、そういう形であれば検討の余地があるとのことでした。

吉田の猫おばさんのことが話題になりましたが、市長が「最近お見かけなしないなぁ?」とおっしゃると同席されていた市民生活部の方々も、やはり最近お目にかかってないと答えていらっしゃいました。
JAVAのスタッフも、吉田さんにはお目にかかったことがないのですが、最近体調が思わしくないということをネットで見た記憶があったので、そのようにお伝えしました。

 ◎取り急ぎ掲載しましたので、また追記しますが、被災された市への要望は正直つらかったです。
  汗が噴き出していました。


posted by JAVAスタッフ at 15:24| 活動