2011年3月11日から4年がたちました。
今も動物たちの震災は終わっていません。
彼らのことを忘れずに、助ける道を探し続けましょう。

koushi.jpg
【首相官邸/野田総理大臣】
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
TEL.03-3581-0101

【内閣府政策統括官(防災担当)】
TEL:03-5253-2111(大代表)

【環境省】
https://www.env.go.jp/moemail/
動物愛護管理室 TEL:03-3581-3351(内線6429)
FAX:03-3508-9278

【農林水産省】
https://www.contact.maff.go.jp/voice/sogo.html
経営局経営政策課災害総合対策室 TEL:03-3502-6442 FAX:03-3592-7697

【福島県庁 】※被災地だということにご配慮ください
chijikoushitsu@pref.fukushima.jp TEL.024-521-1111(代表)


2011年11月10日

仮設住宅でのペット同居に関するアンケート結果

原則全ての仮設住宅での同居が可能という岩手県は除き、宮城県と福島県の仮設住宅を設営している自治体に対して、「仮設住宅におけるペット同居に関するアンケート」を実施しました。

宮城県15、福島県22の計37市町村に送り、回答のないところには個別に回答を依頼した結果、ようやく全市町村から回答を得られましたので、結果をご報告します。

・全ての住宅で同居可→16件
・一部を除き同居可→3件
・原則同居はできないが一部可の住宅がある→8件
・同居不可、今後も予定なし→6件
・同居不可だが、今後検討したい→1件
・その他(条件付で可など)→3件

環境省から同居要請通知が、被災した自治体等に出されていましたが、宮城県の大郷町、福島県の国見町、鏡石町、いわき市、飯舘村、広野町は全く不可との回答でした。そのため入居を断念したり、入居後にトラブルになったケースもあったようです。
こういった自治体には、動物との同居スペースを設営するよう改めて要望していきます。

※同居要請通知(仮設住宅でのペット連れ入居について)
・緊急災害時動物救援本部より配慮要請(4月13日)
・環境省 東北地方環境事務所 野生生物課長名にて通知(5月)
kasetu.jpg
葛尾村の方が暮らしている仮設住宅で


posted by JAVAスタッフ at 10:00| 動物同伴避難