2011年3月11日から4年がたちました。
今も動物たちの震災は終わっていません。
彼らのことを忘れずに、助ける道を探し続けましょう。

koushi.jpg
【首相官邸/野田総理大臣】
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
TEL.03-3581-0101

【内閣府政策統括官(防災担当)】
TEL:03-5253-2111(大代表)

【環境省】
https://www.env.go.jp/moemail/
動物愛護管理室 TEL:03-3581-3351(内線6429)
FAX:03-3508-9278

【農林水産省】
https://www.contact.maff.go.jp/voice/sogo.html
経営局経営政策課災害総合対策室 TEL:03-3502-6442 FAX:03-3592-7697

【福島県庁 】※被災地だということにご配慮ください
chijikoushitsu@pref.fukushima.jp TEL.024-521-1111(代表)


2011年11月11日

宮城県緊急災害時被災動物救護本部と宮城県動物愛護センター

宮城県獣医師会と宮城県愛護センターに許可を得て、11月11日に訪問させていただきました。

宮城県緊急災害時被災動物救護本部は、愛護センターの敷地内にて運営がされています。
この時は、一時預かりの犬が10頭、猫2頭、里親募集の犬10頭、猫1頭という状況でした。
最近は、避難は一緒にしたもののこれ以上飼えないので引き取ってほしい、という依頼もあって、里親に出せても総数はあまり変わらないそうです。
獣医師と有給スタッフ、地元のボランティアで世話をしていて、人手が著しく足りないということはないそうです。

1頭後ろ足のヨボヨボしているばあちゃん犬がいましたが、老犬は里親がつかないとのこと。
もう一頭いた年寄り犬は前日亡くなったそうです。ここではかわいがってもらえて一時でも幸せだったことと思います。

傷をおっている犬もいましたが手術が予定されているそうです。
こちらの施設は獣医が主導なので、医療ケアが手厚くされているところが良いと思いました。

●里親を探している犬は、こちらで見られます。宮城県在住の方に限っているそうです。
http://miyaju.jp/pdfmiyaju/hp.satooya.pdf

※お問い合わせは、社団法人 宮城県獣医師会へ
http://miyaju.jp/info.php?action=detail&ac_no=105

IMGP2076.JPG

IMGP2053.JPG
里親さんが現れるのを毎日待っています!

IMGP2090.JPG
猫は設備のある動物愛護センターにてお預かり


--------------------------------------------------------------------------------

そして宮城県動物愛護センターも見学させていただきました。

宮城県でも犬猫の処分数は減っていて、センターとしても里親探しを積極的に行なったり、減らす努力をされているとのお話を伺いました。
東京のようなところとは違い、宮城県には「地域猫」という言葉もなく、センターの職員に対しては動物殺し、という中傷がまだまだあるそうです。
そのためソフトな啓発活動が重要だとのことでした。

すぐには不可能であることは承知していますが、処分ゼロを目指してほしいとお願いしました。

●宮城県動物愛護センターのHP
http://www.pref.miyagi.jp/doubutuaigo/

犬猫譲渡の情報が掲載されていますので、動物を家族にされたい方はぜひご覧ください。
やはり宮城県の方に限定されています。

IMGP2112.JPG
地震の傷跡がいまも残っていました

IMGP2110.JPG
ふれあい教室で子供たちの相手役を務めた後、譲渡にまわる子犬たち

posted by JAVAスタッフ at 23:00| 犬猫、家庭動物