2011年3月11日から4年がたちました。
今も動物たちの震災は終わっていません。
彼らのことを忘れずに、助ける道を探し続けましょう。

koushi.jpg
【首相官邸/野田総理大臣】
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
TEL.03-3581-0101

【内閣府政策統括官(防災担当)】
TEL:03-5253-2111(大代表)

【環境省】
https://www.env.go.jp/moemail/
動物愛護管理室 TEL:03-3581-3351(内線6429)
FAX:03-3508-9278

【農林水産省】
https://www.contact.maff.go.jp/voice/sogo.html
経営局経営政策課災害総合対策室 TEL:03-3502-6442 FAX:03-3592-7697

【福島県庁 】※被災地だということにご配慮ください
chijikoushitsu@pref.fukushima.jp TEL.024-521-1111(代表)


2011年12月08日

飼い主や世話人の立ち入りを求めよう!

総理大臣、環境大臣、農林水産大臣、そして福島県知事に対して、警戒区域の動物救護を依頼する要請書を12月5日に送りました。

すでに「動物保護団体に立ち入り許可を与えてほしい」という要請は実現して、行き違いになりましたが、他の要請事項もあり、それらも必ず実行してもらいたいと思います。

ここ数日は、ペットについても畜産動物についても、一番重要なのは次の事項だと考えるようになっています。
<飼い主自身もしくは買ってでる者に、動物の世話をするための立ち入り許可を与えてほしい>

警戒区域にいる動物の数を考えれば、その場所で生きていってもらうことが、どうしても必要になると思います。
長期に亘る話です。餌代や費用面での支援も必要です。

ぜひ。皆さんもぜひ、さらに要望してください。

一番要請が多かった総理大臣あての要請書の文面を、下記に掲載します。



福島・警戒区域に残された動物の救護を求める要請書

内閣総理大臣  野田 佳彦 殿

【要請事項】
福島第一原発周辺の警戒区域に残されている全ての動物たちを、至急救護してください。
(犬や猫等のペット、牛・馬・羊・豚・鶏等の畜産動物。飼主・所有者がいるいないに関わらず。)

1.警戒区域からの救出、または継続的な給餌給水を行ってください。
2.飼い主に、動物の救出、または世話をするための立ち入り許可を与えてください。
3.動物保護団体による救出活動、または給餌給水活動を認め、一定のルールのもと、立ち入り許可を与えてください。
4.予算を確保して、国による保護シェルターを設立してください。
5.畜産動物のペットおよび展示動物としての飼育を認め、警戒区域からの移動を許可してください。
6.畜産動物を動物実験に用いることなく、生かす手段を講じてください。
7.連れて戻ったペットが飼い主と共に生活できるように、仮設住宅や借上げ住宅の環境を整えてください。


3月11日の大地震から9ヶ月が経とうとしておりますが、今も福島第一原子力発電所事故の終息は見られず、警戒区域の住民の方々への避難指示解除の目処も立っておりません。数日で帰れると言われ、何も持たずに避難された方々は、愛するペットや大切な畜産動物たちを置いてこざるを得ない状況でした。さらに警戒区域に指定された場所には、世話をしに戻ることすら出来ない状況となりました。被災した飼い主たちにとっては、犬や猫は心の拠り所となる大切な家族です。酪農・畜産家にとっては、牛や豚・鶏は手塩にかけて育てた家族同様の存在であり、大切な生活の糧でもあるのです。
そのようにかけがえのない動物たちが、無人地帯に取り残され、水も餌もなく、著しく衰弱した挙句、苦しんで餓死していっています。未曾有の災害と言えども、先進国である日本において、動物たちの大量餓死を放置するようなことは決してあってはならないことです。

多くの市民や動物保護団体は、震災直後から被災者の方々のご苦労と同様に、被災動物の窮状や餓死による大量死に心を痛め、保護活動を行うと共に、政府や県、市町村などあらゆるところに救護要請をしてまいりました。しかし、一向に命に対する真摯な対応は見られませんでした。当会には、海外の動物保護団体からも、動きの遅い日本政府に対して動物救護を要請したという報告と共に、批判の声が届いております。弱い立場の命に対する日本の「良心」が問われ、世界中が注目しているのです。

今からでも全頭救護の方針を決定していただき、私たち人間を信じ助けを待っている動物たちを一刻も早く救護するよう、強く要請いたします。

冒頭の要請事項に対する回答を、12月20日(火)までに、書面にてお送りくださいますようお願い申し上げます。

動物救護は、以下の定められた災害時対策に基づいて行うことが出来ます。
●内閣府「防災基本計画」第2章10災害時における動物の管理(衛生を含む。)及び飼料の需給計画に関する事項
●環境省「動物愛護及び管理に関する施策を総合的に推進するための基本的な指針」(8)災害時対策

以上


posted by JAVAスタッフ at 01:18| 活動