2011年3月11日から4年がたちました。
今も動物たちの震災は終わっていません。
彼らのことを忘れずに、助ける道を探し続けましょう。

koushi.jpg
【首相官邸/野田総理大臣】
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
TEL.03-3581-0101

【内閣府政策統括官(防災担当)】
TEL:03-5253-2111(大代表)

【環境省】
https://www.env.go.jp/moemail/
動物愛護管理室 TEL:03-3581-3351(内線6429)
FAX:03-3508-9278

【農林水産省】
https://www.contact.maff.go.jp/voice/sogo.html
経営局経営政策課災害総合対策室 TEL:03-3502-6442 FAX:03-3592-7697

【福島県庁 】※被災地だということにご配慮ください
chijikoushitsu@pref.fukushima.jp TEL.024-521-1111(代表)


2011年12月31日

空っぽになった牛舎

数日前、交流のある畜産農家さんから、連絡をいただきました。


  「昨日、牛たちとお別れをしました…。」


3月11日には、100頭以上いた牛舎。
厳しい夏を耐え抜き、やせ細り、食も細くなった最後の10数頭。

その牛たちが殺処分になりました。
農家さんは、以前から覚悟を決めていました。

今はただ、苦しみから解放されたと信じ、安らかに眠ってほしいと願うばかりです。
通い続けた農家さんには、休んでほしいと思います。

そして、
牛舎は空っぽとなって年を越します。



二度とこんなことが起こらないように。
起こさないようにと。

自分が生きている間、その努力をしていきたいと思います。

-------------------------------------------------------

今年、東日本大震災が起こってから、急遽このブログを始めました。
ご覧いただいている皆さま、どうもありがとうございます。
私たちは直接動物たちを保護してはいませんので、情報をお伝えすることしかできません。
それでも、来年もまた、被災動物たちのために一緒に考え活動していってください。

posted by JAVAスタッフ at 23:43| 牛豚・畜産動物