2011年3月11日から4年がたちました。
今も動物たちの震災は終わっていません。
彼らのことを忘れずに、助ける道を探し続けましょう。

koushi.jpg
【首相官邸/野田総理大臣】
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
TEL.03-3581-0101

【内閣府政策統括官(防災担当)】
TEL:03-5253-2111(大代表)

【環境省】
https://www.env.go.jp/moemail/
動物愛護管理室 TEL:03-3581-3351(内線6429)
FAX:03-3508-9278

【農林水産省】
https://www.contact.maff.go.jp/voice/sogo.html
経営局経営政策課災害総合対策室 TEL:03-3502-6442 FAX:03-3592-7697

【福島県庁 】※被災地だということにご配慮ください
chijikoushitsu@pref.fukushima.jp TEL.024-521-1111(代表)


2012年01月02日

環境省の回答

農林水産省と同様に、環境省からも12月5日に出した要請書に対する回答がきていなかったので、電話をしてみました。
環境省も書面での回答をしていないとのことで、電話にて話を伺いました。
年末のことでしたが、年明けの掲載になり申しわけありません。

--------------------------------------------------------------

警戒区域のペット保護については、まずは行政(環境省と福島県)による活動が認められ、今回は民間の動物保護団体による保護活動が行なわれた。
立ち入り許可を最終的に出すのは、オフサイトセンター。
動物保護団体の活動は、来年また行なうかは今はわからない。

予算がついたので、年明けには委託業者による実態調査を行なう。業者も決まった。
(詳細は、等ブログ「12月2日 環境省の本気度」をご覧ください。)
繁殖シーズン前に何とかしたいと思っている。
また今後は、住民の一時帰宅時に、飼い主自身によるペットの持ち出しを検討していく。

 (今あるシェルターはどこも一杯で、国が運営するシェルターが必要なのでは?)
考えてはいる。保護が増えているので足りなくなるのはわかる。
保護したものの飼い主が飼えない、という場合も少なくないので、譲渡を進めていきたい。
災害があった場合の動物対応は、普通は現地本部と現地獣医師会が行なうが、今回の福島は原発事故が加わったため、環境省も積極的に支援している。

 (ペット以外の畜産動物の保護も環境省に考えて欲しい)
持ち出しが出来るペットも、犬猫だけだったのが、ウサギ、フェレットも可になった。
畜産動物については、「食べない」という約束が出来ないので認められない。

-----------------------------------------------------------

以下の要請書を提出していました。

福島・警戒区域に残された動物の救護を求める要請書
環境大臣 細野豪志殿

【要請事項】
福島第一原発周辺の警戒区域に残されている全ての動物たちを、至急救護してください。
(犬や猫等のペット、牛・馬・羊・豚・鶏等の畜産動物。飼主・所有者がいるいないに関わらず。)

1.警戒区域からの救出、または継続的な給餌給水を行ってください。
2.飼い主に、動物の救出、または世話をするための立ち入り許可を与えてください。
3.動物保護団体による救出活動、または給餌給水活動を認め、一定のルールのもと、立ち入り許可を与えてください。
4.予算を確保して、国による保護シェルターを設立してください。
5.畜産動物のペットおよび展示動物としての飼育を認め、警戒区域からの移動を許可してください。
6.畜産動物を動物実験に用いることなく、生かす手段を講じてください。
7.連れて戻ったペットが飼い主と共に生活できるように、仮設住宅や借上げ住宅の環境を整えてください。
8.畜産農家の意思確認が出来ない場合も、動物の状態によっては、さらに苦しむことのないよう動物福祉の観点に基づき、然るべき獣医学処置を施してください。


posted by JAVAスタッフ at 23:02| 犬猫、家庭動物