2011年3月11日から4年がたちました。
今も動物たちの震災は終わっていません。
彼らのことを忘れずに、助ける道を探し続けましょう。

koushi.jpg
【首相官邸/野田総理大臣】
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
TEL.03-3581-0101

【内閣府政策統括官(防災担当)】
TEL:03-5253-2111(大代表)

【環境省】
https://www.env.go.jp/moemail/
動物愛護管理室 TEL:03-3581-3351(内線6429)
FAX:03-3508-9278

【農林水産省】
https://www.contact.maff.go.jp/voice/sogo.html
経営局経営政策課災害総合対策室 TEL:03-3502-6442 FAX:03-3592-7697

【福島県庁 】※被災地だということにご配慮ください
chijikoushitsu@pref.fukushima.jp TEL.024-521-1111(代表)


2012年02月10日

南相馬市からの回答

11月16日のブログにて、南相馬市の桜井市長に「福島原発警戒区域に残るペットの救護を求める要請書」をお渡ししたことをご報告いたしました。
http://java-hisaidoubutu.sblo.jp/archives/20111116-1.html

直接お話させていただいたので、その後さらに回答をいただけるとは思っていませんでしたが、年明けに書面を送ってくださいました。

南相馬市は、被災地でありながら国や県以上に指導力・実行力があることに期待して、要望に至ったわけですが、残念ながらその回答では国や県がやることだ、と言っているように感じました。
国や県にもっとしっかりしてほしいという要望は尤もで、お気持ちはわかりますが、待ったなしの命の話ですから積極的な救出に動いてほしいと願います。

参考までに回答書の内容を掲載いたします。

平成24年1月4日
福島県南相馬市長 桜井 勝延

市長に対する要望書への回答について


 当市行政の推進につきましては、日ごろご理解、ご協力をいただきまして厚く御礼申し上げます。
 また、このたびの東日本大震災、さらに福島第一原子力発電所事故により、皆様には大変なご心配、ご不便をおかけしております。
 平成23年11月14日付けで提出された要望書等につきまして、下記のとおり回答いたします。


1 福島第一原発20キロ圏内の警戒区域に残されながら、今も必死に生きている犬や猫などのペットを、至急救出、またはその場で生かす手立てを講じてください。

(回答)
 警戒区域内の動物の保護については、すでに国・県に要望を行っておりますが、実現に向けて引き続き国・県に対して強く働きかけてまいります。
【担当:環境衛生課 TEL.0244-24-5231】

2 効率的な保護活動が行なえるように、動物保護団体や個人に、一定の条件のもとに立ち入り許可を与えてください。

(回答)
 保護活動にかかわる立ち入りについては、保護施設を有する法人や団体が、飼い主からの保護依頼に基づき実施するもので、事前に国や県の承認を得ている場合に、公益の立ち入りとして期間限定で実施しております。詳しくは県の担当窓口にお問い合わせください。

 ○問合せ:福島食品生活衛生課 TEL.0244-521-7245 

 また、個人からの保護要望に対しては、要請に基づき県が警戒区域内からの保護回収も実施しております。詳しくは県の担当窓口にお問い合わせください。

 ○問合せ:福島県相双保健福祉事務所 TEL.0244-26-1351

【担当:街なか賑わい創出課 TEL.0244-24-5297】


posted by JAVAスタッフ at 16:13| 犬猫、家庭動物