2011年3月11日から4年がたちました。
今も動物たちの震災は終わっていません。
彼らのことを忘れずに、助ける道を探し続けましょう。

koushi.jpg
【首相官邸/野田総理大臣】
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
TEL.03-3581-0101

【内閣府政策統括官(防災担当)】
TEL:03-5253-2111(大代表)

【環境省】
https://www.env.go.jp/moemail/
動物愛護管理室 TEL:03-3581-3351(内線6429)
FAX:03-3508-9278

【農林水産省】
https://www.contact.maff.go.jp/voice/sogo.html
経営局経営政策課災害総合対策室 TEL:03-3502-6442 FAX:03-3592-7697

【福島県庁 】※被災地だということにご配慮ください
chijikoushitsu@pref.fukushima.jp TEL.024-521-1111(代表)


2012年03月11日

ビラ撒きと3.11東京大行進

追悼行事が行なわれた日比谷公園周辺にて、福島原発警戒区域の動物のことを知ってもらうチラシと、
私たちJAVAが、来週3月18日(日)に予定している「化粧品の動物実験反対デモ行進 in 渋谷」のチラシを配布しました。
(参加者募集中です!どうぞ一緒に歩いてください)

日比谷公園での『市民のつどい Peace On Earth』、そして日比谷を出発点としたデモ『3.11東京大行進−追悼と脱原発への誓いを新たに-』、国会議事堂を人の鎖で結ぶ『3・11原発ゼロへ!国会囲もうヒューマンチェーン』に参加する方々は、やはり社会問題への意識が高く、皆さん積極的にチラシを受け取ってくださいました。

500枚ほど持ちこんだチラシは、4人で約1時間半ほどで撒ききってしまいました。

地震の起きた14時46分には、日比谷公園の噴水広場で大勢の人々と一緒に黙とうを捧げました。

その後、個人の有志でデモとヒューマンチェーンに参加。
 「原発いらない!」「子供を守れ!」「命を守れ!」という声が響きわたりました。
私たちも、<動物も原発の犠牲者、忘れないで>と沿道の人たちにアピール!

プラカードのおかげで、たくさんの方に見ていただき、写真を撮っていただき、また声をかけていただきました。
デモを一緒に歩いてくれた方もいました。
そのたびに、チラシを全て配ってしまい残っていなかったことを後悔!
寄付をお申し出くださる方も何人かいらしたのですが、私たちは集めていないので、実際に動物をレスキューしている団体や福島県のシェルターを紹介をしました。

話しかけてくださった方々は、動物たちの状況をある程度知っていて気にはなっていたという人が多いようでした。
やはり知る、ということが大切ですね。
今後も動物たちの苦しみを伝えていきたいと改めて思いました。

0311hibiya1.JPG

0311hibiya2.jpg

IMGP2806.JPG IMGP2805.JPG
左:市民のつどいPeace On Earthのステージ 右:デモに集まってきている人々

IMGP2808.JPG
動物たちはまだ戦っています!

0311demo5.jpg
もうすぐ一番人手がある数寄屋橋交差点

0311demo2.jpg
あっ!仲間を発見

0311demo3.jpg
本当にそのとおり!

0311demo4.jpg
これまたそのとおり!お洒落なアピールグッズです

0311demo1.jpg IMGP2807.JPG
動物系を集めてみました

0311chain1.jpg
キャンドルを持って行なわれたヒューマンチェーン

0311chain2.jpg
国会議事堂をたくさんの人で囲むことができました






posted by JAVAスタッフ at 23:32| 活動