2011年3月11日から4年がたちました。
今も動物たちの震災は終わっていません。
彼らのことを忘れずに、助ける道を探し続けましょう。

koushi.jpg
【首相官邸/野田総理大臣】
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
TEL.03-3581-0101

【内閣府政策統括官(防災担当)】
TEL:03-5253-2111(大代表)

【環境省】
https://www.env.go.jp/moemail/
動物愛護管理室 TEL:03-3581-3351(内線6429)
FAX:03-3508-9278

【農林水産省】
https://www.contact.maff.go.jp/voice/sogo.html
経営局経営政策課災害総合対策室 TEL:03-3502-6442 FAX:03-3592-7697

【福島県庁 】※被災地だということにご配慮ください
chijikoushitsu@pref.fukushima.jp TEL.024-521-1111(代表)


2012年04月09日

5頭のダチョウ

3月下旬、ダチョウ専用飼料を持って、ダチョウ園を訪ねてきました。



この時には5頭のダチョウがいました。
脱走して捕獲された後は、2つの柵に入れられています。

餌はドッグフードが置かれていましたが、ダチョウ専用の飼料をあげるとよく食べてくれました。
  
  手前のお粉が飼料です。
  ドッグフードも食べると思いますが、ダチョウは雑食と言えど鳥です。
  ドッグフードだけでは良くないでしょう。
  ちなみに、生息地はサバンナなので水分摂取は少なくても耐えられるそうです。

201203dacho1.jpg


世話は、飼い主さんが人に頼んでいる、と農林水産省で聞いていましたが、行き届いているとは思えません。

もしも寄れる方がいましたら、袋に入っているお粉みたいな飼料を餌箱に入れてあげてください。
餌袋を置いてきました。
水は、檻の手前の小川のようなところから運んでバケツにいれます。

dachonoesa.jpg
飼料はこういう袋に入っています


2月には6頭いましたが、5頭になっていて1頭の行方が気になります。
農林水産省に聞いてみたところ、5頭に減っていること自体知りませんでした。
飼い主さんがいて、管理は飼い主さんがなさっているので、知らなくても仕方ありませんね。

飼い主さんとは連絡がとれるようなので、また聞いてみたいと思います。

201203dacho2.jpg
私のコートのフチのアクリル毛糸を夢中でつついていました


posted by JAVAスタッフ at 13:05| 福島現地