2011年3月11日から4年がたちました。
今も動物たちの震災は終わっていません。
彼らのことを忘れずに、助ける道を探し続けましょう。

koushi.jpg
【首相官邸/野田総理大臣】
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
TEL.03-3581-0101

【内閣府政策統括官(防災担当)】
TEL:03-5253-2111(大代表)

【環境省】
https://www.env.go.jp/moemail/
動物愛護管理室 TEL:03-3581-3351(内線6429)
FAX:03-3508-9278

【農林水産省】
https://www.contact.maff.go.jp/voice/sogo.html
経営局経営政策課災害総合対策室 TEL:03-3502-6442 FAX:03-3592-7697

【福島県庁 】※被災地だということにご配慮ください
chijikoushitsu@pref.fukushima.jp TEL.024-521-1111(代表)


2012年04月09日

福島県第2シェルターに行ってきました

三春に昨年11月にできた福島県第2シェルターにて、ボランティアをしてきました。

201203-2ndselter1.jpg 201203-2ndselter4.jpg
左:道路から見る建物 右:散歩はここでグルグルと


ここには、3月11日時点で犬97頭、猫47頭がいるとのこと。(※福島県動物救護本部のサイトより)
ほとんどは飼い主さんが判明していて預かっている状態だと、この日職員の方から伺いました。

201203-2ndselter5.jpg
201203-2ndselter6.jpg


私が行った週末のボランティア状況は、正確ではないですが、福島市など地元の方が2名、他県から6名という感じでした。
飯野の第1シェルターに比べると、1頭ずつの居住スペースが広く、犬や猫たちのストレスは軽減されていると思います。
その分、掃除は第1よりやや大変です。
清掃や消毒の管理も行き届いていて、室内の臭いはそれほど強くありませんでした。

201203-2ndselter7.jpg 201203-2ndselter2.jpg
個室が一杯のため、何頭かはケージ住まい


ここで思いがけない再会が!

昨年11月に第1シェルターで見た犬に、また会ったのです。
この犬の顔は一度見たら、誰も忘れないでしょう!

201111-1stshelter.jpg
2011年11月 第1シェルター飯野


201203-2ndselter3.jpg
2012年3月 第2シェルター三春


今回は、散歩も一緒にしたので感激でした。
この犬は、飼い主さんが譲渡を希望されているとのことです。
雄犬で散歩はやや引っぱりますが、収容当初より大分落ち着いたそうです。

犬の約10頭程度が、現在里親さんを待っています。
福島まで行かなければなりませんが、犬を飼いたいと思っている方がいたら、どうぞご検討をお願いします。
詳細は、福島県動物救護本部までお問い合わせください。

【福島県動物救護本部】
http://www.pref.fukushima.jp/eisei/saigai/kyuugoindex.htm

<事務局>
福島県保健福祉部食品生活衛生課内
〒960-8670 福島市杉妻町2-16
TEL:024-521-7245 

里親さん、ボランティアさん、義援金を引き続き募集しています。
ご協力をお願いします!

●里親
 http://www.pref.fukushima.jp/eisei/saigai/sato/framepage1.htm
●動物ボランティア
 http://www.pref.fukushima.jp/eisei/saigai/volunteer/volunteer.htm
●義援金
 http://www.pref.fukushima.jp/eisei/saigai/volunteer/contributions.htm
●支援物資
http://www.pref.fukushima.jp/eisei/saigai/volunteer/supplies.htm

posted by JAVAスタッフ at 17:08| 福島現地