2011年3月11日から4年がたちました。
今も動物たちの震災は終わっていません。
彼らのことを忘れずに、助ける道を探し続けましょう。

koushi.jpg
【首相官邸/野田総理大臣】
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
TEL.03-3581-0101

【内閣府政策統括官(防災担当)】
TEL:03-5253-2111(大代表)

【環境省】
https://www.env.go.jp/moemail/
動物愛護管理室 TEL:03-3581-3351(内線6429)
FAX:03-3508-9278

【農林水産省】
https://www.contact.maff.go.jp/voice/sogo.html
経営局経営政策課災害総合対策室 TEL:03-3502-6442 FAX:03-3592-7697

【福島県庁 】※被災地だということにご配慮ください
chijikoushitsu@pref.fukushima.jp TEL.024-521-1111(代表)


2012年04月18日

4/16動物愛護部会A被災ペット対応

引き続き、環境省の動物愛護部会の報告です。

「東日本大震災・被災ペット対応について」という資料が配布されました。
この日の議事録は、配布資料と共に環境省のホームページに掲載されますが、先にいくつか抜粋して掲載します。

<保護活動>
行政による活動
  ・4/28〜5/2    犬27頭 猫2頭
  ・5/10〜8/26   犬300頭 猫191頭
  ・8/31〜2/29   犬88頭 猫35頭
  ・3/1〜3/19    犬13頭 猫93頭
 
 合計保護頭数     犬428頭 猫321頭 
  内 飼い主への返還 犬135頭 猫128頭  
    里親への譲渡  犬104頭 猫17頭 

行政からの要請に応えた民間団体による活動
  ・12/5〜12/27  犬34頭 猫298頭

一時帰宅時の住民自身による持ち出し
  ・1/29〜4/12  犬2頭 猫6頭

<福島県シェルター収容状況(4月12日現在)>
●第1シェルター 犬85頭 猫88頭
●第2シェルター 犬86頭 猫44頭

<今後の予定>
・引き続き、警戒区域内における被災ペットの保護活動を実施。
・保護したペットを収容するための臨時シェルターを三春シェルターの敷地内に設置し、専門スタッフによる適切な飼育管理を行う。
・飼い主への返還、新しい飼い主への譲渡を推進するため、内部被ばく量調査や不妊去勢措置を実施。

東日本大震災・被災ペット対応について(pdfファイル)

201203-selterbadge.jpg
三春の第2シェルターで購入したバッジ
1個200円で、売り上げは福島県動物救護本部の支援になるそうです


posted by JAVAスタッフ at 14:22| 犬猫、家庭動物