2011年3月11日から4年がたちました。
今も動物たちの震災は終わっていません。
彼らのことを忘れずに、助ける道を探し続けましょう。

koushi.jpg
【首相官邸/野田総理大臣】
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
TEL.03-3581-0101

【内閣府政策統括官(防災担当)】
TEL:03-5253-2111(大代表)

【環境省】
https://www.env.go.jp/moemail/
動物愛護管理室 TEL:03-3581-3351(内線6429)
FAX:03-3508-9278

【農林水産省】
https://www.contact.maff.go.jp/voice/sogo.html
経営局経営政策課災害総合対策室 TEL:03-3502-6442 FAX:03-3592-7697

【福島県庁 】※被災地だということにご配慮ください
chijikoushitsu@pref.fukushima.jp TEL.024-521-1111(代表)


2012年04月25日

大熊町の囲み柵

インターネットに、大熊町の囲み柵に入っている22日の牛の写真が掲載されました。

「さえぼーのブログ」より

●野上にあった柵(4月24日UP)

http://ameblo.jp/saebo/entry-11232236917.html

mojyawansan.jpg

もじゃわんさんにリンクの許可をいただきました。ありがとうございます。


傷を負っている牛、たてごが食い込んでいる牛、やせ細った牛たち。
30頭近くが、1頭の死骸と一緒に柵に入れられていました。

地面は牛が踏みつけることによる荒地になっています。雨があまり降っていないことが救いです。

-------------------------------------------------------

本日、今月初旬に福島県に送っていた「福島原発20km圏内に残る畜産動物の救護・取扱いに関する要請書」に対する回答が届きました。
(その詳細は改めます)

そこには「毎日給餌・給水しています」「異常がある牛は獣医師が診療を行っています」とあったのですが、それが言っているそばから守られていないので福島県に電話を入れました。

・安楽死処分に同意されている牛たちである
・死骸は重機でないと動かすことが出来ない
・獣医が診れるものはみている
・たてごは外せるものははずしている
・イノブタは富岡町で飼っていたもので増えていると思われる

人手を増やして状況改善することを求めました。

-------------------------------------------------------

「福島原発20km圏内に残る畜産動物の救護・取扱いに関する要請書」は、市町村にも送っていて、先週ちょうど大熊町からは、電話による回答をいただいていました。
(その詳細は改めます)

そこで、大熊町役場にも電話しました。ネットで囲い込み柵のことが流れていることはご存知のようでした。

・よくない環境だということは認識している
・こんなにたくさんの頭数を入れる予定ではなかったが、群れで入ってしまった
・安楽死ということで畜主に同意を得ているのに、これではそう言えないので改善したいと思っている
・柵から解放することも検討している
・死骸は衛生上も悪いので動かしたい
・たてごは、今まで切れるものは切ってきた、口が開かないということはないと思う

線量が高いところでなかなか来てくれる獣医もいない、というお話でしたので「県や農水にも獣医がいるのだから診てもらってほしい。動物のことにうるさい人たちがいるから、ということで町から依頼すればいい。」と伝えました。

-------------------------------------------------------

たぶん、こんな目に合わされても、牛は私たち人間を恨んではいないような気がします
ただただ、お腹がすき、喉が渇き、苦しい、心地よくない、と思っているのでは。

そんな彼らが気の毒でなりません。


posted by JAVAスタッフ at 16:42| 牛豚・畜産動物