2011年3月11日から4年がたちました。
今も動物たちの震災は終わっていません。
彼らのことを忘れずに、助ける道を探し続けましょう。

koushi.jpg
【首相官邸/野田総理大臣】
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
TEL.03-3581-0101

【内閣府政策統括官(防災担当)】
TEL:03-5253-2111(大代表)

【環境省】
https://www.env.go.jp/moemail/
動物愛護管理室 TEL:03-3581-3351(内線6429)
FAX:03-3508-9278

【農林水産省】
https://www.contact.maff.go.jp/voice/sogo.html
経営局経営政策課災害総合対策室 TEL:03-3502-6442 FAX:03-3592-7697

【福島県庁 】※被災地だということにご配慮ください
chijikoushitsu@pref.fukushima.jp TEL.024-521-1111(代表)


2012年06月10日

指定区域が変わって

3月以来、久しぶりに福島を訪れました。



dog.jpg

飯舘・葛尾では、こちらを伺いつつも通り過ぎていく犬を見かけます。
飼い主がいるのかいないのか。


tokumei.jpg

警戒区域から解除された南相馬市。
特命チームの牧場には、生き残った数少ない乳牛もいます。


inobuta.jpg

いまも立ち入りが制限されている大熊付近。
イノブタの親子を見ました。母ブタのお腹が大きいような。


cow.jpg

具合が悪いのか、痩せた放れ牛。生きていても状態の悪い動物が多いのだろう。
カビの繁殖も増えているようだ。



まだ終わらない。




posted by JAVAスタッフ at 00:17| 福島現地