2011年3月11日から4年がたちました。
今も動物たちの震災は終わっていません。
彼らのことを忘れずに、助ける道を探し続けましょう。

koushi.jpg
【首相官邸/野田総理大臣】
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
TEL.03-3581-0101

【内閣府政策統括官(防災担当)】
TEL:03-5253-2111(大代表)

【環境省】
https://www.env.go.jp/moemail/
動物愛護管理室 TEL:03-3581-3351(内線6429)
FAX:03-3508-9278

【農林水産省】
https://www.contact.maff.go.jp/voice/sogo.html
経営局経営政策課災害総合対策室 TEL:03-3502-6442 FAX:03-3592-7697

【福島県庁 】※被災地だということにご配慮ください
chijikoushitsu@pref.fukushima.jp TEL.024-521-1111(代表)


2012年06月21日

台風を越えて

19日から20日に吹き荒れた台風4号。

双葉郡の囲い込み柵に入れられた牛たちはどうしただろうか?

屋根も逃げ場もなく、泥の足場はもっと酷くなるだろう。
強風にあおられ倒れこんだら、もう立てなくなるに違いない。

ちょうど富岡町の牛を見た方が、ツイッターで、ある囲み柵の酷い状況を嘆いていた。
そこの牛のことがたまらなく心配になり、いわき家畜保健衛生所に電話をしてみた。

飼養管理をしている農林水産省の人たちは出掛けているとのこと。
囲み柵のことを聞いてみたところ、農水と県が富岡町で管理している牛は、全て牛舎に入れていて囲み柵はないとの答えが返ってきた。
民間が世話しているところが柵だからそちらではないかと言われたが、それは違うと思うと答えた。
場所がはっきりわからないので、それ以上話を進めることは出来なかった。


それから、浪江町と大熊町を管理している相双家畜保健衛生所にも問い合わせてみた。

現在、柵は数ヵ所で、牛は合わせて10頭ほどとのこと。
「実は台風の前に全部放した」という言葉を聞いた。

少しホッとした。

あの雨風の時は、自分たちで自由に動くことが出来たのだ。
山の中か、建物のそばか、多少はマシなところに避難できたに違いない。

そして少なくとも今週については、自由に過ごせるのだ。

お腹はすいているかもしれない。

でも食べられる草のあるところに移動することが出来る。
乾いた地面に座ることも出来るのだ。

人の思いやりと行動が、動物の環境を劇的に変えるのだと思う。



cowingreen.jpg

posted by JAVAスタッフ at 23:40| 牛豚・畜産動物