2011年3月11日から4年がたちました。
今も動物たちの震災は終わっていません。
彼らのことを忘れずに、助ける道を探し続けましょう。

koushi.jpg
【首相官邸/野田総理大臣】
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
TEL.03-3581-0101

【内閣府政策統括官(防災担当)】
TEL:03-5253-2111(大代表)

【環境省】
https://www.env.go.jp/moemail/
動物愛護管理室 TEL:03-3581-3351(内線6429)
FAX:03-3508-9278

【農林水産省】
https://www.contact.maff.go.jp/voice/sogo.html
経営局経営政策課災害総合対策室 TEL:03-3502-6442 FAX:03-3592-7697

【福島県庁 】※被災地だということにご配慮ください
chijikoushitsu@pref.fukushima.jp TEL.024-521-1111(代表)


2012年03月08日

追悼プロジェクトのお知らせ

もうすぐ一年前に地震の起きた3月11日がやってきますね。

ご自身が被災され、警戒区域にあるご自宅からは避難せざるを得なくなりつつも、飼育していた羊や山羊の世話を続けてこられたご家族がいらっしゃいます。
昨年7月に「アニマルフォレスト」を設立し、他の方の羊の面倒を引き受けたり、山羊を引き取ったり、犬や猫への給餌、仮設住宅で動物と住んでいる方へのフード配給などを行っていらっしゃいます。

そんなアニマルフォレストさんが、3月11日を迎えるにあたり追悼行事を企画なさっていますのでお知らせします。
どうぞご参加ください。

被災者の方々、被災した動物を思いやる、そういうことが大切だと改めて思います。



こんにちは、アニマルフォレスト代表の、吉田睦美と申します。

あの恐ろしい東日本大震災からまもなく一年経ちますが、福島県はいろいろな意味に於いて収束は迎えておりません。
いまだに飼い主とはぐれたペットたちが身をひそめ、息をひそめ懸命に戦っています。
人間の決めた殺処分から逃れきれない家畜たちもいます。
生まれ育った産土里(うぶすなさと)が動物たちにとって地獄になっていることが、耐えられません。

一生懸命生きた命たちの魂を救いたい。愛犬の死後、そう考えるようになりました。
誰にも知られることなくひっそりと息絶えていった動物たちを、皆様のお力をお借りして供養するプロジェクトを告示いたします。


3.11東日本大震災追悼プロジェクト〜memorial mum〜

概要:東日本大震災ならびに福島原子力発電所事故により餓死、交通事故死、安楽死などの犠牲になった動物のために、一輪の菊をお供えするプロジェクトです。

期間:2012年3月11日〜25日(2週間)の、ご都合のよろしい日

範囲:福島県の警戒区域内外

動物の種類:特に問いません。

代表参加者:希望の牧場ふくしま 様
        太田康介 様
        Farm Arcadia 様
        NPO法人SALA NETWORK 様
        NPO法人SALA NETWORK 宮城 様
        (社)CHANGE FOR ANIMALS 様
        地球防衛軍 動物救援隊 コスモス様
        アニマルフォレスト

注意点:警戒区域内で活動する場合は個々の責任にて活動いただきますようお願い申し上げます。

※お供えいただきます菊の花ですが、色は白とさせていただきます。

※お供えいただくお花は、各自準備してください。

※お供えするものは原則花のみとし、線香や供物はおやめください。
 (火災の恐れや獣害がでます→苦情になります)

※民家の敷地内へお供えする場合、菊の花は茎をとって花のみ備えてください。
 (くれぐれも家主様のご迷惑にならぬようお願い申し上げます)

※お供えする場所の地権者様や家主様をご存知の場合、必ず了解をとってからお供えしてください。

※お供えの際に出たゴミ等は、恐れ入りますがお持ち帰りになって捨ててください。
 (警戒区域内へ投棄すると、苦情が出る恐れがあります)

皆で供養するプロジェクトですので、地域住民にご迷惑にならないようご留意ください。
よろしくお願いいたします。

アニマルフォレスト代表 吉田睦美  



posted by JAVAスタッフ at 15:22| 日記

2012年01月09日

二冊の写真集

浪江町津島の酪農家さんから、ご自身と仲間の酪農家の方々が載っている写真集のことを教えていただきました。
写真集を出した郡山氏と八木澤氏に、やはりカメラマンの冨田きよむ氏を加えた三人は、津島にしばらく滞在して撮影していたそうです。

早速、ミニ写真展を行なっていた福島・郡山の書店で手に取ってみました。


 「福島の本は、東京では売れないんだってね。」

津島の酪農家さんは、福島のことが忘れられてしまうのを、とても心配しています。

 「そんなことないですよ。東京の書店でも被災や原発のコーナーがありますよ。」

私の言葉は癒しには、ならなかったでしょうね。


どちらも発行されたのは、昨年10月。
すみません。知りませんでした。
何でもっと早く、「おらの写真が載ったぞ〜」と教えてくれなかったですか。

皆さまもお手にとってみてくださいませ。

********************************

【原発と村 Vanishing Village】
写真・文 郡山総一郎 / 日本出版社 2310円


978-4-406-05502-4L.jpg

生活の地を追われた人々、誰も撮らなかった物語
原発事故で異常に高い放射線量を記録し続ける福島県浪江町津島地区。過疎の村には、酪農を糧に実直に生きてきた人々がいた。原乳の出荷停止、牛の異変、見えない恐怖…。原発事故が発生すると何が起きるのか、生活はどう変わってしまうのか。地域を奪われた人々の生きた証と言葉にならない思いを陰影深くとらえた必見の写真集。

PDFで何枚か見られます。
http://www.shinnihon-net.co.jp/images/5500/978-4-406-05502-4.pdf

※郡山さんは、2004年にイラクで拘束されたフォトジャーナリストだそうです。
 酪農家の方々の渋〜い写真が印象に残ります。

********************************

【フクシマ2011、沈黙の春】
写真・文 八木澤高明 / 日本出版社 2310円


978-4-406-05503-1L.jpg

異形化してゆく自然を見つめた原発事故の記録
美しい草花に蝶が舞い、犬や猫が人と幸せに暮らしていた土地。だがあの日を境に、その光景は無残な変容を見せ始める。無人となった街、野生化するペット、ひび割れた水田。目に見えず匂いもない放射性物質によって人と自然の関係が壊されていく様子を記録した叙事詩のような写真集。人間存在のあり方を根底から問いかける。

PDF
http://www.shinnihon-net.co.jp/images/5500/978-4-406-05503-1.pdf

※犬や猫も登場します。
 犬2頭がタヌキを襲っている写真に、衝撃を受けました。怖い写真ではないので見れます。

*******************************

出版社 新日本出版社のホームページ
http://www.shinnihon-net.co.jp/

posted by JAVAスタッフ at 00:58| 日記

2012年01月01日

日が昇り日が沈む

2012年

私たちは、新しい年を迎えました。

動物たちにとっては、日が昇り日が沈むの繰り返しで、季節の流れの中で生きているだけです。


被災地の動物に限らず、日本にも、世界にも、苦しんでいる動物がなんと多くいることか。

彼らが、私たちに束縛されたり、搾取されたりしない社会を目指し、心をかけていきましょう。

今後とも皆さまどうぞよろしくお願いいたします。

----------------------------------------------------------------------


毎日、毎日、被災動物たちの情報を集め、私たちに発信してくださっているブロガーさんがいます。
ご存知の方が多いと思いますが、ご紹介させてください。

●被災地動物情報のブログ
http://ameblo.jp/japandisasteranimals/

その作業には頭が下がります。貴重な情報をいただき、非常に助かっています。
このJAVAのブログも取り上げていただくことがあります。
被災地動物情報さん、いつもありがとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
posted by JAVAスタッフ at 23:58| 日記

2011年12月02日

環境省の本気度

環境省が
「平成23年度福島県警戒区域における被災ペット保護活動方針検討業務」を一般競争入札にすると公告しました。

【入札広告】
http://www.env.go.jp/kanbo/chotatsu/021003918.html

【契約書】
http://www.env.go.jp/kanbo/chotatsu/pdf/20111215/021003918b.pdf

1.業務の目的
 環境省及び福島県は、他の自治体職員や獣医師等の協力を得ながら、5月10日以降、住民の一時立入りに伴い警戒区域内に取り残された犬猫の保護活動を行い、一時立入りが一巡した9 月以降は、飼い主からの保護依頼情報等を基に、放浪犬猫の保護活動を行っている。警戒区域内の犬及び猫は長期間放浪していることから警戒心が強くなり、容易に保護できない状況となっているが、来春の繁殖期を迎える前に、一斉保護が必要となっている。
 
 本業務では、
警戒区域内の放浪犬及び猫の生息個体数を推定し、
今後の保護活動方針を検討することを目的として、
警戒区域内の放浪犬猫の生息状況調査を行う
ものである。
(契約書より抜粋)

一斉保護の検討のためのものですが、やっと本気で取り組む姿勢が見えたということでしょうか?

繁殖してしまわないようにという理由も情けないですが、1頭でも多く保護されればそれに越したことはない。
実際、人のいないところで増えても不幸が増えるだけです。

数えてみたものの、あまりの数の多さにくじけないように願いたいものです。


【入札説明書】
http://www.env.go.jp/kanbo/chotatsu/pdf/20111215/021003918a.pdf
動物を助けたい!という気持ちのある業者さんにお願いしたいですね。

posted by JAVAスタッフ at 15:12| 日記

2011年11月28日

動物たちを真に守る法律をつくろう!2

日本の動物たちを守る法律「動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護法)」が、来年改正されます。
現在、下記2件に関するパブリックコメント(国民の意見)の募集が行われています。

●動物の愛護及び管理に関する法律施行令の一部を改正する政令案等の概要
●動物愛護管理のあり方について(案)(「動物取扱業の適正化」を除く)
締め切りは12月7日(水)、詳細は以下をご覧ください。

【パブリックコメント募集についての環境省のホームページ】
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14412
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14414

JAVAでは、25日に環境省に意見書を提出しました。
ご覧いただき参考にしていただければ幸いです。

「動愛法施行令の一部を改正する政令案等の概要」に関する意見.pdf
「動物の愛護管理のあり方について(案)」に関する意見.pdf

動物たちを守る実行力ある法律を作るために、ぜひ、皆さまからもご意見を送ってください!

posted by JAVAスタッフ at 13:56| 日記