2011年3月11日から4年がたちました。
今も動物たちの震災は終わっていません。
彼らのことを忘れずに、助ける道を探し続けましょう。

koushi.jpg
【首相官邸/野田総理大臣】
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
TEL.03-3581-0101

【内閣府政策統括官(防災担当)】
TEL:03-5253-2111(大代表)

【環境省】
https://www.env.go.jp/moemail/
動物愛護管理室 TEL:03-3581-3351(内線6429)
FAX:03-3508-9278

【農林水産省】
https://www.contact.maff.go.jp/voice/sogo.html
経営局経営政策課災害総合対策室 TEL:03-3502-6442 FAX:03-3592-7697

【福島県庁 】※被災地だということにご配慮ください
chijikoushitsu@pref.fukushima.jp TEL.024-521-1111(代表)


2012年04月04日

家畜のアニマルウェルフェア(福祉)

今回の楢葉町、浪江町にて囲い込まれた牛の状態は、家畜の福祉から見るとどのようなことが言えるのか。
家畜福祉学を研究されている東北大学大学院教授・農学博士の佐藤衆介先生に、写真を見ていただき、見解をお伺いしました。

先生のコメントを公開する許可をいただきましたので、ここに転載いたします。

運動場が汚泥化している中で、死体と同居している牛群をみると、ウシの福祉レベルは阻害されている可能性があります。
農林水産省の委託を受けて昨年度作成された「アニマルウェルフェアの考え方に対応した肉用牛の飼養管理指針」では、「 緊急時の対応」として「農場における火災や浸水、停電、道路事情による飼料供給の途絶等の緊急事態に対応し、牛の健康や飼養環境に悪影響を及ぼすことを防止するため、各農場においては、危機管理マニュアル等を作成し、これについて管理者及び飼養者が習熟する」ことが推奨されています。
警戒区域ということで、各農場の自助努力が否定されている現在、この条項を守る責任は、農林水産省にあると思われます。
農林水産省には、餌や水が要求量に沿って給与されているのかを確認し、さらに獣医師を派遣して健康診断を行うことを直ちに要請すべきです。問題があれば、給餌・給水の適正化、汚泥化等の防止のための環境改善、寒冷環境に対する庇陰施設の整備を直ちに実行してもらうことを要請すべきと考えます。

東北大学大学院農学研究科 佐藤衆介

貴重なアドバイスも含まれており、これを参考に、行政への要請を行なっていきたいと思います。
皆さまも、どうぞ参考にして、国や県、または市町村に救出の要望をしてください。




【アニマルウェルフェアの考え方に対応した家畜の飼養管理指針】

欧米でアニマルウェルフェアのガイドラインが作られている流れを受けて、農林水産省が「社団法人 畜産技術協会」に委託して、平成19年度より検討会を設け、乳用牛・肉用牛・豚・採卵鶏・ブロイラー・馬、の畜種ごとに飼養管理をまとめたもの。

1960年代の英国において、家畜の福祉の基本として「5つの自由(5Freedoms)」が定められました。

 1.飢えと渇きからの自由
 2.苦痛、傷害、疾病からの自由
 3.恐怖や抑圧からの自由
 4.不快からの自由
 5.正常な行動ができる自由

この考え方が、今では国際的に全ての動物に対する福祉の指標となっています。

日本の「家畜の飼養管理指針」の中では、アニマルウェルフェアを「家畜の快適性に配慮した飼養管理」と定義しています。
しかし、純粋な動物福祉というよりは、『安全な畜産物の生産』『生産性の向上』を目的としていると思われます。
また、アニマルウェルフェアに『生産者が積極的に取り組むこと』『行政機関が積極的に普及啓発させていくこと』を期待する、と指針の中にありますが、そこが一番重要な点です。
いくらりっぱな指針があっても、実際動物と接する人たちに取り組んでもらわなければ、動物福祉の向上にはなりません。
今回の震災時には、畜産動物に限らず動物の「5つの自由」は全くないがしろにされたわけですが、日頃から全ての人が「動物を大切にする、守る」という意識を持つことの大切さを強く感じます。

「家畜の飼養管理指針」の詳細は、社団法人 畜産技術協会」サイトに掲載されていますので、ぜひ参照してみてください。
http://jlta.lin.gr.jp/report/animalwelfare/index.html


posted by JAVAスタッフ at 23:58| 牛豚・畜産動物

2012年04月02日

浪江町の牛のその後

3月28日に書いた浪江町の牛ですが、私からの無理な願いに応えて、見に行ってくださった方がいらっしゃいました。
その方からご提供いただいた情報と写真を掲載させていただきます。

柵に入っていた3頭の牛は外に出されていたとのこと!
柵の中は空っぽです。
そして、少し離れたところに牛たちが見えます。

namiecowafter.jpg
写真 まさひろさん提供


家畜衛生保健所の人が言っていたように、出したものと思われます。
柵の外には気持ちよく座れるところもあり、食べられる草もあり、とりあえずは良かったと思います。

まさひろさん、ありがとうございました!

「まさひろblog」
http://ameblo.jp/masahiro-3150/

posted by JAVAスタッフ at 12:17| 牛豚・畜産動物

2012年03月16日

声が聞こえてきています

  

     牛を助けたい


と、思った方々から、「福島県に要望しました」「町に電話しました」いう連絡をいただきました。

当会には連絡くださらなくても、たくさんの方々が声を届けてくださっていると思います。
どうもありがとうございます。

福島県はやはり「餌をあげています、世話をしています。」を繰り返しているようです。
ある方は、言いっぱなしでは本当に改善してくれたかわからないので「ちゃんとやってくれたか、確認のためにまた電話します。」と伝えたそうです。
実際また電話するつもりだとおっしゃっていました。

また別の方は、牛に限らずお腹をすかせた動物は、食べ物につられて集まってくる、ということについて行政の人と一緒に憐れんでしまった、と教えてくださいました。
「餌は毎日やっています。」という言葉を信じられてしまったようですが、「そこが不確実なので、そこを要望してください。」と、再度お願いしました。

楢葉町に問い合わせたところ、「柵を開ける人がいて牛はみな外に出てしまった。これまでも開けられたことがあり、そしてまた捕まえるの繰り返し。外に出た牛は自分の牛舎に帰るので、そこで餌をやっている。」と聞いた、というご連絡もいただいています。

行政の方や作業する業者方のご苦労も当然想像しなければいけませんが、あのような状況を目の当たりにしてしまったら、囲いを解こうとする人は当然いると思います。

今回、国より絶対動きが早いと考えたことから、福島県への要望を呼び掛けましたが、行政にも多くの被災者がいることにはご配慮のうえで、引き続き牛など動物を助けてほしいという声を届けてください。

posted by JAVAスタッフ at 23:54| 牛豚・畜産動物

2012年03月12日

遅らばせながら、緊急です!

本当に頭にきました。

警戒区域で囲い込んだ牛たちへの扱いについてです!


富岡町、楢葉町、大学の研究施設などいくつかの場所で、囲ったもののまともな世話をしていないようだとは、耳にしていたので調べなくてはと思っていました。

しかし、ここまで酷いとは。

地震直後から動物のレスキュー活動をされてきた広島の動物保護団体「NPO法人 犬猫みなしご救援隊」さんが、現状をブログに載せてくださっています。

牛についての写真と記述は下の方にありますので、ぜひご覧になってください。

「犬猫みなしご救援隊 栃木拠点ブログ」より

●20km圏内の現実(3月10日)
http://blog.livedoor.jp/inunekoblog/archives/3861637.html>


代表の中谷さんに快くリンクの許可をいただきました。ありがとうございます!


1年前のことではないのです。警戒区域指定直後のことではないのです。
まさに「今」なのに、震災直後の繰り返しです。

あの地震と原発事故の後、人間はみな避難して、牛や豚は囲われたまま汚い場所で衰弱して餓死していった1年前と。

命の尊厳を再び踏みにじっているのです。
しかも、今回はその全てを人間が行なっているのです!

今までは、被災した市町村へは遠慮してほとんど電話はしてきませんでした。
今回は、本当に爆発しましたので、一市民としてさきほど3つの機関に電話しました。

どうぞ皆さまからも、囲い込んだのならばその責任をとり世話はちゃんとしてほしいと要望してください。
命を大切にしろと!

正直、政府には期待できないので、一番要望してもらいたいのは福島県です。
ただし被災地ということにはご配慮ください。


【福島県農林水産部 生産流通総室畜産課】
〒960-8670福島県福島市杉妻町2番16号
TEL.024-521-7365
FAX.024-521-7939
Eメール:chikusan@pref.fukushima.jp

【いわき家畜保健衛生所(楢葉町担当)】
〒970-8026いわき市平字梅本15 いわき合同庁舎南分庁舎2階
TEL.0246-23-3117
FAX.0246-23-3147

【相双家畜保健衛生所(楢葉町以外)】
〒975-0033南相馬市原町区高見町1丁目276-1
TEL.0244-24-3451
FAX.0244-24-3614

【農林水産省】
〒100−8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
生産局畜産部畜産企画課または振興課
TEL.03-3502-8111(代表)
https://www.contact.maff.go.jp/voice/sogo.html

以下は、本日私が電話しての会話です。参考になれば。

いわき家畜保健衛生所
(餌はちゃんとやっているのか?)
毎日行っている。役所(県)もみている。

(行っているようにはとても思えない。なぜ餓死するのだ?)
世話をするようにはしているが、いくつもあるのでみきれていない場合もある。

(死骸はそのままなのか?外には出さないのか?)
死骸には、消石灰をかけたりブルーシートをかけている。

(かけてなんかいないでしょう)
風で飛んでしまうこともある。
死骸は外に出すが、埋めるところの調整もありすぐ対応できないことも。
(埋める場所を決めてから囲い込むべきでは)

(処分のスケジュールは立てているのか?どこが決めるのだ?)
予定は立てて順に行なっている。どことは言えない。

(抗議の電話とか来ていないのか?)
ここにはあまり。県に来ていると聞く。

要望内容
◎これからすぐに行って給餌給水してほしい
◎足場の悪いところは移動するなり改善してほしい
◎餌が足りなければ、物資なり資金なりは出したい
◎立ち入り許可をもらえるのであれば、私も世話をしにいく


---------------------------------------------------------

楢葉町
・県の管轄になっていて町では管理していない。
・協力団体という立場なので、県に聞いてほしい。
・囲い込みなどには立ち会うが、自分たちは給餌給水はしていない。
・餌なども県と農林水産省が用意して持ち込む。
・町も立ち入りが自由ではない。

要望内容
◎自分の町のことなのだから、県や国まかせにせず町からも声をあげてほしい。


---------------------------------------------------------

福島県
(餓死など酷い状況と聞くが?)
毎日餌はやっている。

(やっているのになぜ餌がないのか?)
食べたらなくなるでしょう。

(では何故死んでいくのだ?足りていないのではないか。水もなくなるのは十分でないからだ。)
死んでいるのは少しだと思う。餌があっても衰弱してダメになるものもいる。
(あんなに足場が悪ければ、牛などは足をとられて倒れてしまう。倒れたらあのようなところからもう立ち上がれないだろう。そして死んでいくのではないか。)

(死骸はほったらかしなのか?)
外に出して埋めるが、業者の手が回らない場合がある。業者もこのことばかりやっているわけではないので。

(専用の業者を雇ってほしい)
重機を入れたがらないところもあり、人手不足。

(足場が非常に悪い、移動させてほしい)
移動するといっても土地を借りたりすぐ出来ないものだ。

(砂を入れるなりとにかく対応してほしい)
自分もわかっているので改善の指示は出した。
囲みは、警戒区域全体では約50か所ほどあると思う。ひどいところはそのうちのいくつか。
町によっては、自分のところで世話をするといった自治体もあった。

(殺処分の予定はどうなっているのか)
囲い込んで、耳標を確認して、安楽死に同意している個体については処分を行なう。
本来ならば処分する牛から囲い込みたかったが、3回目の一時帰宅もあり、民家に入る、交通事故、という問題から早急に囲う必要があった。
町ごとに事情が違ったりもする。

(餌や資金が足りないというのであれば、一般の人でも出す人はたくさんいるでしょう)
それらはありますので大丈夫。

(人手が足りないのであれば、私も世話をしにいく)
国からも応援が来ているので大丈夫。

要望内容
◎とにかくちゃんと世話してほしい。
◎足場の悪いところは移動するなり改善してほしい。
◎これ以上苦しませないで欲しい。1年前と同じことを繰り返さないでほしい。

---------------------------------------------------------------

福島県の畜産課は、酷い囲い込みについて改善の指示を出したと言いました。
インターネットの発達で、隠し事は出来ない、あっと言う間に広がりますよ、と話しました。

確実に実行してもらえるように、どうぞたくさんの方からの要望をお願いします。

---------------------------------------------------------------

追悼番組は、こぞって浪江町の警戒区域が取材されていました。
一番問題のない町だったのでしょうか?

マスコミは何故いつも、一番酷いところはとりあげないのでしょうか?



posted by JAVAスタッフ at 17:48| 牛豚・畜産動物

2012年03月01日

ダチョウはどうしているか

先日、現地でダチョウの捕獲協力をした農林水産省の畜産振興課に、研究利用のことなどを尋ねてみましたが何も情報を得られなかったため、今度は研究業務を行っている農林水産技術会議事務局に尋ねてみました。
12月に、「牛等(ダチョウ)の肉中放射性セシウム濃度のと畜前推定技術の検証」を東北大学と委託契約した機関です。

 ・この研究は3月中にはまとめるとのこと。
 ・研究対象の動物は警戒区域の動物と思われるが、どこの市町村のものかはわからない。農林水産省が用意するわけではなく、委託された大学が福島県なりの協力を得て行う。
 ・研究概要については3月中にホームページにて公表するが、研究結果については公表予定はない。
 ・学会などでの発表はあるかもしれない。
 ・結果については大学に聞いてほしい。

全て大学におまかせ、というような回答だったので、「以前電話した時には、研究内容や計画を見て農水がアドバイスをすると聞いたが」と、問うてみたが、それ以上の情報は出てきませんでした。

次は東北大学に聞きましょうか…。


ダチョウについての一番新しい情報は、カメラマン太田氏の2月3日のブログに載っています。

太田康介さんブログ「うちのとらまる」より

●ダチョウのその後
http://ameblo.jp/uchino-toramaru/day-20120203.html


牛については、いくつか悲しい情報を聞きます。
研究用だったり、どうするかは未確定ながら囲われた牛たち。
それなのに世話をしてもらえず、今も餓えた牛たちがいるとか。

  警戒区域の中は常識が通りませんか?

  命を尊ぶことは忘れ去られたままですか?

  殺りくを 暴力を 繰り返すのですか?




posted by JAVAスタッフ at 16:35| 牛豚・畜産動物