2011年3月11日から4年がたちました。
今も動物たちの震災は終わっていません。
彼らのことを忘れずに、助ける道を探し続けましょう。

koushi.jpg
【首相官邸/野田総理大臣】
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
TEL.03-3581-0101

【内閣府政策統括官(防災担当)】
TEL:03-5253-2111(大代表)

【環境省】
https://www.env.go.jp/moemail/
動物愛護管理室 TEL:03-3581-3351(内線6429)
FAX:03-3508-9278

【農林水産省】
https://www.contact.maff.go.jp/voice/sogo.html
経営局経営政策課災害総合対策室 TEL:03-3502-6442 FAX:03-3592-7697

【福島県庁 】※被災地だということにご配慮ください
chijikoushitsu@pref.fukushima.jp TEL.024-521-1111(代表)


2012年02月14日

ダチョウの「お縄」は保護?

今年に入ってから、大熊町のダチョウ6頭が捕獲されたとの報道がありました。(下に転載)

この捕獲について、農林水産省・畜産振興課の実際捕獲作業を行った方にお話を聞きました。

●報道にあるように6頭を保護して、元のダチョウ園に戻した。所有者が飼養管理を行なう。
現在所有者の知人が給餌を行ってる。
あと数頭が外にいると思われるので、また捕獲作業があるかもしれない。
ダチョウ園付近の放射線量は20マイクロシーベルトと高い。

●所有者からの相談と、ダチョウが家などを荒らしているといった住民からの苦情があり、牛の対応で手一杯だった県に代わって国が捕獲協力を行っている。

●世界に例をみない貴重な存在であるから科学的貢献をしたい、と所有者は言っている。
最終的には殺処分になることを承知したうえで研究に使ってもらうことを望んでいて、大学などと話をしていると聞く。
農水の研究かどうかは知らない。

●セシウムは半減していくので、長期研究は考えにくい。

●元々は、平成7年に原発のマスコットとして福島原発で飼い始めた。最初の1頭はもういない。
肉(エキゾチックミート)、皮、卵をとるための畜産動物として飼育されていた。通常は12〜13ヶ月で食肉にされる。

●食肉になることは絶対にダメなので、警戒区域から出すことは不可能。
警戒区域の外で、展示飼育するようなことは出来ない。


野生化ダチョウ捕獲せよ 原発警戒区域、6羽「お縄」http://www.asahi.com/national/update/0120/TKY201201200148.html

 東京電力福島第一原発事故の警戒区域内で、「ダチョウ捕獲作戦」が展開されている。震災後、福島県大熊町のダチョウ園から10羽ほど逃げて野生化し、一時帰宅した人から「家の前に立っていて怖い」と苦情が出るなどしたためだ。

 ダチョウ園に農林水産省などが協力して行っている。今月12、13両日に実施した作戦では4羽を捕獲。これで昨年末から合わせて6羽が「お縄」になった。

 ダチョウ園社長の富沢俊明さん(73)によると、この間の作戦はこうだった。

 浪江町の浪江中学校グラウンド前の道路に悠然とたたずむメスのダチョウに、捕獲チームが向き合った。「前に立つな。蹴られるぞ」「早く首を押さえろ」。メンバーに緊張が走る。ダチョウは体長が2メートルを超す。「蹴られると肋骨(ろっこつ)の2、3本は折れる」と富沢さんは言う。

 後ろは蹴らないので、捕まえるには背後に回る。基本は3人ひと組。1人がダチョウの首をわしづかみして地面に押しつける。もう1人と手分けし、左右の羽を抱え込む。残り1人が布袋を頭にかぶせ、視界を遮る。ダチョウは夜になったと勘違いするのか、すぐにおとなしくなるという。

今回は、他の農場から逃げた牛や豚をつかまえている農水省関係者ら、延べ約20人が加わった。

 見つけ出す頼りは、目撃情報だ。県警の最新情報をもとに、南相馬市から富岡町までの警戒区域内を車で走り回って探す。ダチョウは敵に早く気づくように視界の開けた場所にいる習性があり、広い田んぼや校庭、見通しのいい道路にいることが多いそうだ。

 昨年12月と1月初めにも、2羽を捕獲。6羽ともダチョウ園に戻された。週2、3回のエサやりは、約6キロ離れた福島第一原発に作業のため出入りする業者に頼んでいる。ダチョウは今後、放射能の影響を調べる大学の研究に役立てられるという。

 このダチョウ園は、観光資源にしようと富沢さんが2001年に始めた。革でバッグやベルトを作って販売。ダチョウ料理を出す食堂も開き、当初の9羽から30羽に拡大した。だが、原発事故で富沢さんはダチョウを残し、埼玉県の娘宅へ避難。3カ月後、園に戻ると半数以上が死んでいた。

 その後も何羽か死んだが、10羽ほどが、壊れた柵から逃げたとみられる。いまも逃げているのはあと2、3羽。富沢さんは「生きていてうれしい。次回は2月に実施したいので、目撃情報があれば警察や農水省に連絡してほしい」と話す。

 実は昨年10月にも2羽捕まえたが、園から再び逃げられており、だれかが手引きした可能性がある。農水省の担当者は「エサの手はずは整えてあり、餓死の心配はない。復興が本格化して車の通行が多くなると、園外にいる方が危ないので、そっとしておいてほしい」と訴える。(茂木克信)

(2012年1月20日 朝日新聞デジタル)
posted by JAVAスタッフ at 16:28| 牛豚・畜産動物

2011年12月31日

空っぽになった牛舎

数日前、交流のある畜産農家さんから、連絡をいただきました。


  「昨日、牛たちとお別れをしました…。」


3月11日には、100頭以上いた牛舎。
厳しい夏を耐え抜き、やせ細り、食も細くなった最後の10数頭。

その牛たちが殺処分になりました。
農家さんは、以前から覚悟を決めていました。

今はただ、苦しみから解放されたと信じ、安らかに眠ってほしいと願うばかりです。
通い続けた農家さんには、休んでほしいと思います。

そして、
牛舎は空っぽとなって年を越します。



二度とこんなことが起こらないように。
起こさないようにと。

自分が生きている間、その努力をしていきたいと思います。

-------------------------------------------------------

今年、東日本大震災が起こってから、急遽このブログを始めました。
ご覧いただいている皆さま、どうもありがとうございます。
私たちは直接動物たちを保護してはいませんので、情報をお伝えすることしかできません。
それでも、来年もまた、被災動物たちのために一緒に考え活動していってください。

posted by JAVAスタッフ at 23:43| 牛豚・畜産動物

2011年12月27日

農林水産省の回答

12月5日に農林水産省に出した要請書に対する回答期限の12月20日が過ぎていたので、畜産振興課に電話をしてみました。
要望が非常に多く、ひとつひとつに回答することはしていないとのことでしたので、電話でお答えいただきました。

----------------------------------------------------------------------

福島・警戒区域に残された動物の救護を求める要請書
農林水産大臣 鹿野道彦殿

【要請事項】
福島第一原発周辺の警戒区域に残されている全ての動物たちを、至急救護してください。
※牛・馬・羊・豚・鶏等の畜産動物。

1.継続的な給餌給水を行ってください。

・現在、安楽死処分だけではなく、家畜を捕獲して囲い込みその家畜には給餌を行っている。農家さんの心の整理がつくまで行う。
・交通事故などがあるので囲い込みは必要。

2.希望する畜主に、世話をするための立ち入り許可を与えてください。

・立ち入り許可は市町村から出る。捕獲に協力してくれる方には出している。

3.畜産動物の愛玩動物および展示動物としての飼育を認め、警戒区域からの移動を許可してください。

・福島県は、食品にならないかとの不安が強い。県や市町村が肉のブランドを守るためには許容できない。
・信頼できる公的機関によるものであれば可能かもしれないが、個人の場合はその人が信用できても、その人に何かあった時にどうなるかわからないので不可能。
・ペットとは違うし、そういうことに税金を使えない。

4.必死に生き延びた畜産動物たちを、動物実験に用いることなく、生かす手段を講じてください。

・研究といった公益目的があれば、警戒区域から出すことも考えられるし、税金も使える。
・東大が研究したいとのことで26頭のブタを運んだ。行動学の研究なので生かしているが、資金は有限なので何年後かには処分になる。
・南相馬市の馬は野馬追の馬で、市として飼って管理する、ということで圏外に出せた。
・ただ殺すよりは研究に使ってほしいという声もある。
(当会では、動物実験は死ぬよりつらいのではないかと思うが)
・生きたまま実験に使うことはあまりない。

5.畜産農家の意思確認が出来ない場合も、畜産動物の状態によっては、さらに苦しむことのないよう動物福祉の観点に基づき、然るべき獣医学処置を施してください。

・安楽死処分は、OIE(国際獣疫事務局)の規定に従って、沈静→麻酔→筋弛緩の3段階で行っている。

(牛の足を紐で縛っている写真を見たが)
・あれは死んだ後につけたもの。クレーンで引き上げるために必要になる。
・生きている牛の足に紐をかけるなどということは出来ないし、そういうことはない。
・普通死体を放置することもしないが、放射線量を気にしながらの作業なので途中になっていたと思われる。
・筋弛緩剤を打って、絶命まで長いと10〜15分かかる。
・埋める場所は自治体によって違う。一箇所に集めたり、何箇所かにしたり、農家さんの敷地にしたり。

(家畜を警戒区域の中で生かし続けることは出来ないか?)
・警戒区域と言えども、何かで外に出て流通してしまう心配があるので不可能。

(山羊、羊、ダチョウはどうか?)
・食肉や乳を採る動物は同じ。
・ダチョウについては、いいサンプルになるのでぜひ研究に使いたいという研究者がいる。現在、畜主に確認しているところだと聞く。

(ダチョウは農水が委託研究にしているが?)
・研究はひとつとは限らない。警戒区域にいるダチョウとは限らない。

----------------------------------------------------------------------

話の中で何度か、「皆さんの助けたいというお気持ちはよくわかる」と言われました。
たくさんの救いたいという声が届いているのです。

初動の対応に関する反省もお持ちでしたが、あのように餓死させることは有り得ないことだと、改めて言わせていただきました。

殺したくない畜主さんや助けたい有志が世話を行って、市民や国が資金などをバックアップする。
たとえわずかな頭数しか救えなかったとしても、そういうところを残したいと願います。
posted by JAVAスタッフ at 17:04| 牛豚・畜産動物

2頭のダチョウは無事!

「ダチョウが消えた!」と、たくさんの方々を不安にさせてしまい、申しわけありませんでした。

  ダチョウ2頭が、ダチョウ楽園の外で発見されました! 元気そうです!

本当によかったです。

多分、14日に残っていた2頭だと思います。
首の根元に、何かついているダチョウです。(全頭ついているのかもしれませんが)

下記ふたつのブログにて、最新のダチョウを見ることが出来ます。

太田康介さんブログ「うちのとらまる」より

●脱走ダチョウ
http://ameblo.jp/uchino-toramaru/day-20111226.html

アニマルフォレストさんブログ「アニマルフォレスト・むぅのブログ」より

●更新が遅れてしまい・・・
http://ameblo.jp/muu-mu0314/day-20111226.html


ダチョウがつがいで行動するとは、思いませんでした。
色の濃いのと薄いのがいると思っていましたが、雄雌の違いなのでしょうか?
10月にはいた、別の2頭も濃い薄いだったので、カップルだったのかもしれません。
彼らはどこに行ったのでしょう。

お腹がすいたら、ダチョウ楽園にごはんがあることを思い出してほしいです。

今、何頭が頑張っているのか。
皆どうか無事で。


posted by JAVAスタッフ at 14:46| 牛豚・畜産動物

2011年12月21日

続報 農水省のダチョウ委託研究

この研究を担当している農林水産技術会議事務局研究開発官(食料戦略)室に、電話をした当会会員より情報が入りました。

 ・まだ研究グループからの計画書が出ていないので、方法などの詳細はわからない
 ・牛、ダチョウ、共に、と畜しての研究になる
 ・しばらく飼育してからと畜するか、すぐするかはわからないが、年度内に結果を求めているので迅速な対応になるだろう
 ・圏外に出しての研究は想定していない
 ・ダチョウの数は10数頭と聞いている
 ・研究として成り立つ頭数を使わなければ、無駄なことになってしまう
 ・(報道では、保護と書いてあったが研究利用のためだったのか?と聞くと)住民の帰宅があり、人を守るということが第一義だった
 ・ダチョウの所有者は、研究利用に同意している

『ダチョウを警戒区域から出して生かしてほしい!』と、下記に要望してください!

農林水産技術会議事務局研究開発官(食料戦略)室
担当者:中谷、塔野岡、土原、後藤、小林、川頭(研究対象1〜8)
代表:03-3502-8111(内線5840)
ダイヤルイン:03-3502-2549
FAX:03-3502-4028
メールフォーム:https://www.contact.maff.go.jp/affrc/form/af85.htm



posted by JAVAスタッフ at 16:11| 牛豚・畜産動物