2011年3月11日から4年がたちました。
今も動物たちの震災は終わっていません。
彼らのことを忘れずに、助ける道を探し続けましょう。

koushi.jpg
【首相官邸/野田総理大臣】
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
TEL.03-3581-0101

【内閣府政策統括官(防災担当)】
TEL:03-5253-2111(大代表)

【環境省】
https://www.env.go.jp/moemail/
動物愛護管理室 TEL:03-3581-3351(内線6429)
FAX:03-3508-9278

【農林水産省】
https://www.contact.maff.go.jp/voice/sogo.html
経営局経営政策課災害総合対策室 TEL:03-3502-6442 FAX:03-3592-7697

【福島県庁 】※被災地だということにご配慮ください
chijikoushitsu@pref.fukushima.jp TEL.024-521-1111(代表)


2011年05月02日

海外の動物保護団体にSOS!

動物救助に対して対応の悪い政府に、海外からの圧力をかけたいと思います。

本日、私たちと交流のある100以上の海外の動物保護団体に協力を要請しました。
日本政府に対して、福島原発警戒区域に残る動物たちの救出要望をして欲しいと頼んだのです。

震災直後もお見舞いメールをくれるなど、たくさんの国の方が日本の心配をしてくれていました。
また、欧米は畜産動物に対する福祉も進んでいます。
先週もドイツの団体から、日本の大使館に動物救助を求める手紙を書くつもりだ、という連絡をもらっていました。

協力が得られましたら、また報告させていただきます。
posted by JAVAスタッフ at 18:38| 活動

2011年04月27日

チラシを作りました

help20km.jpg


インターネットをご覧になる環境にない方々に、プリントして渡していただけませんか?
「緊急!福島原発事故警戒区域に残る動物たちのためにご協力を!」というタイトルのチラシです。
表面に状況説明、裏面に要望先を数箇所掲載しています。
A4の紙に裏表印刷していただき、4つに切り離していただくと4枚出来ます。
つまりA6サイズです。
ご活用お願いします。

help20kmA.pdf

help20kmB.pdf


posted by JAVAスタッフ at 16:47| 活動

2011年04月24日

アースデイ東京2011

東京代々木公園で開催されているアースデイ東京。
私たちJAVAも出展しています。
福島原発警戒区域の動物たちについても訴えていますので、ぜひお越しください。
本部テント裏F番のテントです。
posted by JAVAスタッフ at 10:14| 活動